生活資金について

  1. 生活保障資金
  2. 遺族の生活資金
  3. ローン資金
  4. 住宅資金
  5. 老後資金
  6. 教育資金
  7. 結婚資金
  8. 葬儀資金
  9. 緊急資金
  10. 相続対策資金
  11. 死後の立直し資金

教育資金(お子様の将来に万全の準備を)

子どもの進学や将来の事は子を持つ親ならば、誰でもが真剣に考えるでしょう。子供の数だけ教育資金はかさみます
しかしその資金を前もって少しずつ準備しておけば経済的問題や悩みは解決するはずです。
学資保険やお子様の教育資金とは、親が子どもの成長にあわせて早くから計画的に準備しておきたいご家族の大切なライフプランです。
参考までに、幼稚園から大学まで教育を受けるとお子様一人につき大体教育資金がいくら位かかるのでしょうか?
大学まですべてを公立学校に進学した場合、必要な教育資金は約750万円位です。当然お子様の数だけその費用はかさみます。
さらに私立学校に進学した場合、必要な教育資金は約1,500万円以上で、まさに約2倍以上になります。
その他の生活やあらゆる資金を加算すれば、お子様一人を独り立ちさせるまでは大変なコストがかかる訳です。

将来かならず必要となってくる大切なお子様の教育資金を、(ほけんライフプラン.com)ではわかりやすく、親身になってお子様の事、ご家族の事と併せてご希望のプランを計画的に準備していく方法やお客様の希望、条件などを加味して、親切丁寧にアドバイス致します。相談は何度でも無料です。お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちらから!

初めての方、是非お問い合わせください

ご契約者様専用、サポートはこちら