生活資金について

  1. 生活保障資金
  2. 遺族の生活資金
  3. ローン資金
  4. 住宅資金
  5. 老後資金
  6. 教育資金
  7. 結婚資金
  8. 葬儀資金
  9. 緊急資金
  10. 相続対策資金
  11. 死後の立直し資金

遺族の生活資金やさまざまなプラン

家族に囲まれて、いつまでも健康で幸せに暮らしたい。誰もが願う人生でしょう。
しかし突然の事故や病気などで悲しい場面がもたらされることがあります。
そんな時がもし訪れれば遺族がその後の暮らしを続けていけるような生活費を確保出来る保険に加入しておく事。
こんな備えも大切でしょう。もしもの時に日常生活の資金不足は深刻な問題です。生活するのにかかる資金の内容は、一般的には「末子独立までの遺族の生活費」「末子独立後の配偶者の生活費」「その他の必要経費」の3種類が一般的です。

それではこの3つの項目を踏まえて遺された家族の生活資金にはどのくらいの額が必要なのでしょうか。生活資金の額は、家族構成、現在の収入、資産の状況、子どもの数・年齢などによって異なりますが、目安の額を算出するには(家族構成:主な働き手の現在の収入:資産の状況:子どもの数:年齢などによって異なります。

さらに「追加でライフプランンに必要資金」には、住居資金、教育資金、結婚資金、相続資金、などが含まれます。
こうした資金を準備するにはどうすればよいのでしょうか。さまざまな保険などが用意されていますが、(ほけんライフプラン.com)ではわかりやすく、親身になってご希望のプランを計画的に準備していく方法をお客様と一緒にプランしてゆきます。
「遺族の生活資金確保」「その後の必要準備」などわかりやすく明確に、たくさんの選択肢のなかから最適と思われる方法をアドバイスします。 あなたも、お気軽に(ほけんライフプラン.com)ご相談ください。相談は何度でも無料です。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ!

初めての方、是非お問い合わせください

ご契約者様専用、サポートはこちら