生活資金について

  1. 生活保障資金
  2. 遺族の生活資金
  3. ローン資金
  4. 住宅資金
  5. 老後資金
  6. 教育資金
  7. 結婚資金
  8. 葬儀資金
  9. 緊急資金
  10. 相続対策資金
  11. 死後の立直し資金

老後資金を今から備えましょう

老後資金とは、定年した後も経済的に不自由なく生活するための大事な資金です。
当然年金の支給も計算して人生のライフプランを早い時期から考えておく事も成長する家族や身内の方の為にも大切かと思います。

もしも老後に毎日の暮らしのための資金が不足して生活もままならないなどの事がないように、老後の資金や保健は、しっかりと、計画的に準備しておきたいものです。
それでは老後資金はいったいどれくらいあれば安心なのでしょうか?総務省発表の家計調査の表によると、世帯主が60歳以上で、家族2人以上の無職家庭の実収入は、1世帯当たり平均で月約18万6千円です。
そしてその収入の9割は年金・社会保障給付となっています。もちろん今から預貯金で老後に備える事もとても大切ですが、各種税金と社会保障費を差し引いた額(可処分所得)は約16万3千円という数字になります。
かりに60歳で定年を迎えてから80歳まで生きたとして、20年にわたって年間約50万円近くは補填しないと老後資金がマイナスになるケースが大変多く、人生の中での病気や事故など不測の事態など考えれば備えは万全にしておかないと益々不景気の世の中、何があるかはわかりません。
少なくとも統計で60歳から80際位までの期間は最低でも1,000万円近くの資金確保がなされていないと将来に不安と言う統計が出ています。経済的な不自由ない老後生活をするにもさまざまな備えが必要と言えます。

老後資金を、無理なく計画的に準備していく方法をお客様といっしょになって考えます。
「老後資金の確保と準備」「老後に備える方法は?」

(ほけんライフプラン.com)ではわかりやすく、親身になってご希望のプランを計画的に準備していく方法やお客様の希望、条件などを加味して、親切丁寧にアドバイス致します。相談は何度でも無料です。お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちらから!

初めての方、是非お問い合わせください

ご契約者様専用、サポートはこちら