生活資金について

  1. 生活保障資金
  2. 遺族の生活資金
  3. ローン資金
  4. 住宅資金
  5. 老後資金
  6. 教育資金
  7. 結婚資金
  8. 葬儀資金
  9. 緊急資金
  10. 相続対策資金
  11. 死後の立直し資金

死後の立直し資金(もしもの時に備えて)

あなたや家族の方が万一の時、残された遺族は悲しみとともにこれからの暮らしを考え新しいライフプランも検討しなければならず、遺族年金や生命保険金を受取るにせよ、手続きやさまざまな経過の後、実際の給付までにはかなり時間がかかるケースもあります。もちろん保健やその他の保障がなければ家族はもっと大変な状況に追い込まれてしまいます。
そこで死後の建直し資金とはこの大変な事態を乗り切る資金、不測の出来事に必要な生活資金であるとも言えます。

では、死後の立直し資金はいくらくらい必要なのでしょうか。
その金額は、大体これまでの生活費の6ヶ月程度が最低必要といわれています。
しかしこの資金も各家庭の家族構成や現在の収入、その他でさまざまなケースがあると言えます。
家族を亡くした悲しみと将来への不安のこの時期、金銭的な不安から解放される事は今後の立直しに大変重要です。
死後の立直し資金は残されたご家族の為にぜひ用意しておきたいものです。

どんな対策準備が必要なのか?(ほけんライフプラン.com)ではわかりやすく、親身になってご希望のプランを計画的に準備していく方法やお客様の希望、条件などを加味して、親切丁寧にアドバイス致します。相談は何度でも無料です。お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちらから!

初めての方、是非お問い合わせください

ご契約者様専用、サポートはこちら